個人旅行を選ばれる人は、とにかく皆さん自分でできるだけ動いてみようかな~という行動派。今のガイドブックは現地在住の人や代理店からの情報がたくさん反映されているので、かなり詳しい情報も掲載されていますし、空港-市内の移動手段についても、特にマドリードとバルセロナは丁寧に案内が書かれています。

それでもやっぱりどうゆうわけか多く受けるのが「市内から空港へ行くにはどの交通手段がいいですか。」またはその逆ルートは?というご質問。 対話の一部だったり聞いてやっぱり納得する、やっと安心する、という心理でなのでしょうね。

というわけで。いまさらですが、市内から空港までの行きかたについてまとめておこうと思います。今回はマドリード編。

 

 

マドリード到着

マドリードの空港はAdolfo Suárez Madrid Barajas空港という正式名で、4つのターミナルがあります。(表示はT1、T2、T3、T4)。T4は二つの建物に分けられていて、両者間シャトル列車で結ばれています。イベリア航空便は国際便・国内便の全てがT4発着となっています。 T4が作られたのは数年前で、その為古くからあるT1~T3とはかなり離れた場所にあるので、T1/T2/T3とT4間は無料のシャトルバスで移動することになります。

このシャトルバスは、時間帯によって5分/10分/20分間隔と運行間隔が変わっています。でも心配しないで。シャトルは24時間運行していますよ。

 

空港から市内まで

バラハス空港からマドリード市内へ行くには4通りの公共交通手段が考えられます。

1.空港リムジンバス (Linea Express)

T4から出発し、T2/T1経由で市内まで走るエアポートエクスプレス/空港リムジンバス。

運行時間は朝6時~23時30分。

定員は88人とありますが、大体いつの時間でも混んでいます。終点駅はアトーチャ駅で、所要時間は約40分。バス停に行った時に、列を作っていて座れそうになかったら次のバスを待つのが賢明かもしれません。バスは遅い夜間以外は15~20分間隔で走っています。

 

2.地下鉄

リムジンバスのように列がないのが地下鉄。 どのターミナルからでもアクセスがあるので分かりやすく、安心して移動できます。ただし、ご自身が最初に目指す場所(下車駅)がどこなのかをしっかり把握した上でご利用ください。マドリードの地下鉄はかなりの線が入り混じっているので、目的地に着くまでには多くの場合、最低1~2回は乗換えをする必要があります。空港の改札/切符を買う場所にはたいてい駅員がいて、切符の購入の仕方を教えてくれたりもするので、その点も初めてマドリードに降り立ち地下鉄を利用する人には安心できるポイントでもありますね。

 

**スペインの扉の1ポイントアドバイス**

地下鉄を利用する場合、筆者個人のアドバイスは、できる座れる限り座りましょう、ということ。安全になり、地下鉄構内、車内の警備が増えたとはいえ、いわゆる“スリ”は今でもかなりいます。座っているほうが、立っているより荷物に目が届きやすく狙われにくい、という意味で、観光客の方は座って利用されるようにしたいですね。無理であれば、できる限り出入り口から遠い場所で、背中は壁にして立つように注意してください。くれぐれもリュックやかばんが背中に回っていないように。

 

3.鉄道(Renfe)

バラハス空港T4にRENFEの近郊列車-Cercaniasが乗り入れるようになってから、随分と便利になりました。T1/2に到着して、市内へRENFEで移動したいとお考えなら、空港内の無料シャトルバスでT4へ移動する必要があります。RENFE/地下鉄の改札口は地下一階にあります。市内へ出る列車はC-1またはC-10線です。10~15分の間隔で列車はありますので、目の前で列車が行ってしまてもあせらず、次の列車を待ちましょう。

 

4.タクシー

タクシーの利用も、かつてはかなり緊張するものでした。いわゆるぼったくりタクシーが実際に存在していましたから。でも外国からのお客様を多く迎えるようになったマドリード市は、そのイメージを払拭し、サービスを向上するために、空港から市内一定の範囲の移動には均一料金を定めることを決めてくれたので、筆者としてはとても安心しています。

タクシーの利用は、空港-普通の観光客、訪問客が宿泊するであろう市内中心部(具体的には環状高速道路M-30内部)は30 €の定額料金です。わかりやすくていいですね。それまでは20~25€前後+スーツケース追加料金でしたので、タクシーメーターと請求される金額が一致しない、なんてことで戸惑われる利用者もあったので、定額料金は安心ですね。ターミナルを出て、所定のタクシー乗り場からご利用ください。タクシー乗り場はかなりいつも行列ができていますが、あせらずに。見た目よりすぐに列ははけていきます。

 

 

アトーチャ駅構内。 写真Copyright © 2016 Vitalspain • All rights reserved

 

鉄道でアトーチャ駅からバラハス空港へ行くケース

 

 

東京駅ほどではありませんが、それなりにいつも多くの通勤者や観光客、一般利用客でにぎわっていますので、手荷物、スーツケースの管理には注意しておく必要があります。人は多いし、日本語表示はないし・・・。でも上にも下にも空港行きの表示があるので、まずはこういった表示が床にないか探してみてください。

 

空港行き RENFE /鉄道の床にある表示。飛行機とT4(ターミナル4)はこちら、と絵で示してあるので案外わかり安いでしょ。

空港行き RENFE / 鉄道駅構内の床にある表示。飛行機マーク+T4(ターミナル4)で空港へ行かれる方ははこちらへ、と絵で示してあるので案外わかり易い。    写真Copyright © 2016 Vitalspain • All rights reserved

この表示について歩いていくと、空港行きの列車のコンコースに辿り着きます。

 

 

切符の購入

切符は自動券売機で購入するか、駅員さんが売っている窓口で購入するかのどちらかです。自動券売機は言語の選択が可能ですが駅員さんが外国語を話すかは運次第。(券売機には日本語はありませんが英語、ドイツ語などが選べます。)

**料金と所要時間**

2018年4月の時点では片道2.60Euroただしチケットは購入後2時間以内に利用しないと無効となりますのでご注意ください。前日に購入しておいて当日は乗車するだけ、という優等生的な考えだと失敗します。

 

アトーチャ駅 => 空港までは25分の移動時間です。駅について、構内に入って、券売機を探して、乗り口まで行って、という時間を考えると、空港に到着したい時間から45~60分は逆算しておくとあわてなくて済みますね。

 

 

アトーチャ駅 構内モニター

アトーチャ駅 構内モニター  写真Copyright © 2016 Vitalspain • All rights reserved

 

上の写真は駅構内にある列車の発着を示すモニターです。

PROXIMO TREN :次の列車 -->19:14(発) Via1  AEROPUERTO
desde este punto aproximadamente 4 min ーー>この地点から乗り場までおよそ4分

と表示されています。つまり次の空港行きの列車は VIA=1番線から 19:14時に出発です!(英語でも同じ案内が書かれています。) 乗り継ぎがややこしかったり、バス停がわかりにくいよりは、案外鉄道が一番安上がりでわかり易い選択肢かもしれませんね。

 

トップ写真:from Flickr By Galio

 

今日も最後まで読んでいただき有難うございました。

この投稿は楽しかったですか? 気に入っていただけましたか?皆様の感想、コメントをお待ちしております。

スペインの扉はスペインファンの輪を広げるため、日本の皆さんにとってもっとスペインが近くに感じられるような

空間を目指しています。

よろしければ、FacebookTwitterからのシェア是非お願いします。

日本ブログ村の応援のほうも以下から今日も一票ポチリ!でお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村