スペインはいつの季節に来てもおいしいものが食べられる国。

暑くなると食べたなるガスパッチョ。寒くなるとにんにくスープや豆料理。これらは知らない日本人はいないのでは?と思ってしまうぐらいポピュラーになりましたね。

さて11月になってまだ寒さに体が十分に慣れていないこのシーズン。やはり暖を中から取りたくなって、とにかく体がほっかほかに温まるコシードが食べたくなります。日本で寒いとおでんが食べたくなったりするような感じですね。

 

コシードが有名な場所は?

コシード(COCIDO)とは、スペインの代表料理の一つで、ひよこ豆の煮込み料理のこと。スペイン全国どこでも食べられる家庭料理の一つですが、特に有名な場所はマドリード、マラガ、カスティーリャ・イ・レオン州は北のアストルガやカンタブリアの山岳地方のものがとくにコシードの代名詞ともなっている地方だと思います。

 

コシードって食べたことないけどどんなお料理なの?

コシードの起源は少なくともスペインでは16世紀まで遡ることができるようで、16世紀の黄金期を迎えたハプスブルグ出身の神聖ローマ帝国国王カール5世、別名スペイン国王カルロス1世の食卓にはすでに上がっていたと言われています。

ひよこ豆を、スペインならではの食材の生ハムの骨、豚ラード、チョリソ、牛肉、鶏肉、そしてにんじん、スペイン大根、ジャガイモなどの冬の根菜や葉肉の厚い冬キャベツなどを一緒くたにたっぷりのお水で煮込こんだお料理。材料リストを読んだけでも滋養が高いことがわかるでしょう?

 

牛肉、鶏肉、生ハムの骨、ホリソ、根菜いろいろ入っています!

牛肉、鶏肉、生ハムの骨、チョリソ、根菜などいろいろ。

 

取れた出汁は前菜のスープに、煮込んだ材料はメインとして全部取り分けて食べられます。スペイン人は力の強い人が多い国ですが、今以上に厳しい生活条件で暮らしてた人々の知恵が、この鍋料理に凝縮されているとも言えます。何しろカロリーが高いだけでなく栄養価も抜群に高いのですから! 一日分の栄養がコシードでカバーできてしまいます。お相撲さんのちゃんこ鍋みたいな感じなのでしょうか。(ちゃんこ鍋を食べたことないのイメージですが。)

 

もっとひよこ豆を身近な食材に。

私が日本を離れた15年前には日本の食材売り場にはひよこ豆はまだ登場していませんでした。私もマドリードに暮らし始めるまで、そして現在のパートナーのお母さんに手作りコシードの相伴にあづかるまで一度も食べたことがなかったのですが、スペイン国内ではパエーリャ同様不動の人気料理ではあるものの、少なくとも日本人の間にはまだまだまったく未知の料理の一つでした。ところは今ではひよこ豆は日本の食材売り場にもお目見えして、気軽にひよこ豆が手に入るようになりましたね。

 

大きいサイズと小さいサイズのひよこ豆

大きいサイズと小さいサイズのひよこ豆

 

サラダにしたり、クミンを入れてディップにしたり、カレーに入れたり、中にはひよこ豆でお豆腐を作ったりする方もいるようで、いろいろな食べ方が楽しめる食材のひとつですが、美容食としても注目です。美容の効果としては、食物繊維が豊富なので便秘が解消され、ミネラルも豊富で体のむくみを解消、骨を丈夫にして強い体にするだけでなく成長を促す効果もあるのだとか!だからもっとひよこ豆を身近な食材としてどんどん取り入れていってはいかがでしょうか。

コシードとして食すると、小さな子供たちにはスープとおいしい出汁をたっぷり吸った豆だけで立派なフルコースです。是非コシードを寒い間に一度は作ってみてはいかがですか。