スペインの扉ではスペインへ初めて訪れるなら是非偉大な世界遺産であるアルハンブラ宮殿を見学したいと思われている旅行者が多いことを知っている以上、少しでも個人入場チケットの購入方法を理解するお役に立ちたいという思いから、これまでにもアルハンブラ宮殿のチケット入手方法、アルハンブラ宮殿の見学について何度も触れてきまiした。

ところが2017年10月末、何の前触れもなく“また”アルハンブラ宮殿の入場券の販売チャンネル、購入方針が変更されました。まるでねずみと猫の追いかけっこのように終わりがなく不毛すぎるので、このテーマで記事の更新はもうやめてしまおうかなぁとも一度は思ったのですが、ここまで追いかけてきたテーマでありかつ一番個人旅行者が欲している情報でもあるのでもう一度更新しようと思います。

2020年1月23日にアルハンブラ宮殿財団が新たにチケット購入に関する規則を変更しました。以下の記事はその変更に基づき訂正を加えています。

 

最新!アルハンブラ宮殿入場チケット購入方法

 

最後の改定が行われるまでは、チケットマスターという外部チケット販売チャンネルから公式チケットが購入できたのですが、現在はアルハンブラ宮殿財団の管轄・運営する公式サイト内に販売チャンネルが設けられ、一般個人入場チケットはここでしか購入できなくなりました。

また今回の改訂において一番大きな改善点は、“購入時点で訪問者すべてのパスポート番号の入力が必要となった”ことです。団体ツアーやガイディングツアーに参加しない個人入場者にはピンとこないかもしれませんが、この規律は個人入場者ならびに団体入場者のすべてに適応されるようになるため、数ヶ月先のガイディングツアーを主催する旅行会社が先にチケットを予約購入をして、事実上チケットをあまらせてしまったり、転売したりできなくなることを意味しています。つまり、今後は個人入場券が購入しやすくなることが期待されています

 

では購入の前に、まずはアルハンブラ宮殿財団公式ウェブサイト(英語あり)をまずはご確認してみましょう。こちらからどうぞ。

アルハンブラ宮殿の開園時刻の確認はこちらからどうぞ。

 

 

アルハンブラ宮殿を見学するには、いくつかの見学パターン、入場券が用意されています。チケット購入の手続きに進む前にどのパターンで見学を希望するのかを把握しておいたほうが、購入時に悩まずにスムーズに完了できます。まずはお手元のガイドブックにアルハンブラ特集がある場合はそこを熟読するか、公式ウェブサイト内の「Visit The Alhambra」を一通り読んで研究しておきましょう。

2020年の時点で公式ウェブサイトにて準備されている見学タイプ(パターン)は数パターンあります。(今後も見学タイプは事前の前触れもなく変更される場合がございます。この記事をお読みになった時点でオフィシャルサイトの内容と一致していない、ということが起こりえます。その場合は、恐れ入りますが当方までご一報くださいませ。)

 

 

アルハンブラ宮殿の見学タイプ(2020年1月現在)

サイトを見てね、といわれても全てスペイン語ないしは英語で、読みきるのが大変・・・という方も多くいらっしゃると思いますので、以下サイトに掲載されている見学タイプ(販売されている入場券タイプ)を簡単に取りまとめておきますね。

 

1.General Day Tour- アルハンブラ一般入場券(ナサリエス宮殿+ヘネラリフェ庭園+アルカサバ)

2.Gardens Day tour - ヘネラリフェ庭園入場券(ナサリエス宮殿の入場券は含まれていません)

3.Night Tour to Nasrid Palace - アルハンブラ/ナサリエス宮殿夜間見学入場券(ヘネラリフェ庭園への入場は含まれていません)

4.Night tour to Gardens   ヘネラリフェ庭園夜間見学入場券

5.Rodriguez-Acosta Foundation and Monumental Aggregate  –アルハンブラ一般入場券(ナサリエス宮殿とヘネラリフェ庭園)+ ロドリゲス・アコスタ財団入場券

6.Alhambra Experiences Visit -アルハンブラ エクスピリエンス。2日に渡りアルハンブラを訪問。ナサリエス宮殿へは1日目の夜入場。ヘネラリフェ庭園ほかのエリアには2日目に見学

7.Dobla de Oro General  - 1のアルハンブラ一般入場券(ナサリエス宮殿とヘネラリフェ庭園)+@グラナダ市のその他特定モニュメントへのディスカウントの特典付き

8.Dobla de Oro At Night  - ナサリエス宮殿夜間入場券+@グラナダ市のその他特定モニュメントへのディスカウントの特典付き

9.Andalusi Monuments - アルハンブラ財団管轄特別モニュメント周遊券

 

 

どのチケットを購入するべき?

 

 

恐らく、アルハンブラ宮殿に行きたい!と計画をされていて、このブログ記事にたどり着かれた99,99%の方が「アルハンブラ宮殿見学=ナサリエス宮殿+ヘネラリフェ庭園」と理解され、この2つを一緒に見たいと思われていると思います。とういうか、幾度も足を運んできた筆者であっても、アルハンブラ宮殿はこの2つを見学しないと価値が半減する、と本気で思っていますので、できる限りこの2つの見学が可能な入場券の入手をお勧めいたします。

要約すると、ナサリエス宮殿内部見学が可能な入場券は、前述のパターンリストのうちで赤色・太文字とした見学パターンとなります。グラナダでの滞在時間によって、ゆっくり見学できる方とそうでない方といらっしゃると思います。チケットを購入する際には、次の順番に空き状況を確認しながら購入手続きに望まれるとよいでしょう。

1番. 1のアルハンブラ一般入場券 =>完売・・・

2番   5のアルハンブラ一般入場券とロドリゲス・アコスタ財団入場券=> 完売・・・

3番  7のアルハンブラ一般入場券と特定モニュメントディスカウント特典つき ・・・

それでもなかったら最後に6のパターンを確認。という流れが自然です。夜のアルハンブラ宮殿見学は5月後半~9月待つあたりなら気候もよく、日照時間も長いため、午後遅くにグラナダ入りする人や、暑い中の見学を避けたい人にはいいかもしれません。

 

 

最新版!アルハンブラ宮殿入場券購入プロセス

 

① 手元に支払い時に必要となるクレジットカードと旅行時に使用する有効なパスポートを用意して、アルハンブラ宮殿財団の公式ウェブサイト内にある個人チケット購入部分にアクセスします。今回の購入作業で複数チケットを購入する場合(家族5人分とか、友人同士のグループ旅行で代表で誰か一人が全員分のチケットを購入するなど)は、団員全員のパスポート番号が必要になりますので、事前に用意しておきましょう。

ちなみに、現在使用可能なクレジットカードは :VISA / JCB / MASTER / EURO6000

チケットの購入が面へはこちらからどうぞ。

 

希望のチケットタイプを選択する画面は以下のようになっています。

 

 

右上部赤丸で囲った部分に「Nasrid Palaces Own Schedule」とありますが、この文字が入っているタイプにはナサリエス宮殿への入場券が含まれています。ここの例では一般入場券(昼間)のタイプで話しを進めていきます。Buy Tikectのボタンをクリックすると購入画面に飛びますが、その左にある「+INFOMATION」の中も必ず確認しておきましょう。+INFOMATION内では開園時間の情報に加えて、チケットタイプにて見学可能な範囲の説明がされています。

 

② 「General Day Tour」の画面から「BUY Ticket」をクリックすると次のような画面に飛びます。

 

 

ここから初めて購入手続きとなります。

この画面に「Purchase Tikects」というボタンが2つでてきますが、どちらのボタンをクリックしても同じ購入画面に進みます。下のボタンの下方部に購入前の注意事項が詳しく書かれていますのでよく読んでから手続きに進みましょう。

なおこの注意事項には「チケット購入後、EチケットはA4サイズの紙にきれいに印刷をして、入場者一人につき必ず1チケット当日持参すること」が義務付けられていると書かれています。くしゃくしゃであったり、読み取り不可能な印字のものは無効とされる場合があるのでご注意ください。

 

③いよいよ購入

「PURCHASE」ボタンをクリック。購入プロセスは1~4に分かれていますので順番に必要事項を入力=>Go to step 2/3/4 と進んでいきましょう。

「STEP3」の個人データを入力する画面に辿りつきます。

Step1 : 希望枚数入力

Step2  :  希望入場日と入場時刻を選択

ここでは3つの色にカレンダーが色分けされています。

赤色=>Not Available / 完売

緑色=>Available / 購入可能

黄色=>Last Tickets / チケット残りわずか

このカレンダー上の希望日をクリックすると、購入可能な入場時間(Access time to the Nasrid Palaces)が下に表示されます。購入可能な時間枠しか表示されませんので、午後に訪問を希望していたとしても午前中の枠しか表示されない場合は、午後の入場枠は売り切れ、という意味です。

表示された入場枠のいずれかを選択しクリックすると「入場時間には遅れないようにご注意ください」という内容のメッセージが表示されるので、OKをクリックして同意します。

 

Step3 :購入者個人データーの入力

注意!!STEP3画面でデーターを入力するときは、「アルファベット」でないと、データーがはじかれてしまいます。データーを入力したのにはじかれた場合は、インプットの設定を今一度確認しましょう。 また、たとえ1枚しかチケットを購入しないとしても、購入者とチケットホルダー(=見学者)の両方のデーターを入力する必要があります。また2枚以上購入する場合は、見学者全員のデーター(パスポート番号含む)を入力する必要があります。

 

Step 4 :支払い画面

④ STEP4の購入画面にたどり着いたら、クレジットカードデーターを入力して完了です。ステップ3で登録したEメールアドレスに購入したチケットが届きます。必ず印刷をして見学当日に持参してください。

 

ちなみに、チケット販売開始は入場日から逆算しておよそ3ヶ月前までとなっています。1月に発表されたニュースでは1年先まで購入可能になるような流れの内容でしたが、まだその適応はされていないようですね。

 

 

チケットを購入しようとしたら希望日にチケットが残っていなかった!!

筆者のところにも幾度となく相談メールが届いた経験からしても、こういったケースがやはり考えられますね。そんな方は、続いてこちらの記事にも目を通してみては如何でしょうか。

 

スペインの扉 過去の記事 「希望日完売?!次の手は・・・」 

 

この投稿は楽しかったですか? 気に入っていただけましたか?皆様の感想、コメントをお待ちしております。

スペインの扉はスペインファンの輪を広げるため、日本の皆さんにとってもっとスペインが近くに感じられるようなブログを目指しています。

よろしければ、FacebookLike!Twitterからのシェアを是非お願いします。

また日本ブログ村の応援のほうも、よろしければ以下からポチリ!でお願いいたします。