希望日完売?!次の手は・・・

 

いざ公式サイトに入って買う気満々だったのに、希望日の訪問日は午前中も午後も完売・・・。これってかなりショックだと思います。とってもと~~ってもよくわかります。筆者のところにもこういったコメントと一緒にご相談が届くこと、しばしば。

どうしたらいいのでしょうか。

アルハンブラの個人手配で正規販売チャンネルからの購入では、キャンセルがでて数日待ったらチケットが余ってくるかも・・・という淡い期待はすぐに捨てたほうが懸命です。なぜなら一旦購入したチケットは払い戻しがきかないのと待てば待つほど次の手=>旅行会社を通じての手配成功確率も下がってくるからです。

筆者の経験上、オフィシャル販売チャンネルでチケットが完売していている中、チケットだけを確保してくれる旅行会社はとても少ないか、皆無だと言えます。実際にはそういったチケットだけの転売をしている旅行会社は存在しますが、ダフ屋に近いものでもあるので、人気の日付、チケットがどこにもあまっていないような訪問日などは、公式料金の5,6倍の値段で販売されていたりします。こうゆうのを目にすると本当に腹正しいのですが、どうしようもできないですね。できるだけ避けたい手段として記憶しておくしかありません。

もちろん、この段階で腹をくくって、当日券に賭けようという場合は、前回の記事-ポイント4の当日券購入の注意を念頭に臨んでくださいね。

 

やっぱり事前に手配して確実に入場できる状態でグラナダには行きたい

 

チケットだけの購入が無理であってもいくつかの日本の旅行会社では日本語対応のアルハンブラの入場券+@のパッケージ商品を販売していますし、日本語にこだわらなければ、選ぶ商品/ツアーの幅はもっと広がります。手数料と+@のサービス代価を払ってでも、個人で入場するよりは想像以上に充実していて楽しかった、というお声もたくさん聞いて来ております。

ですからきちんとした次の手を打てば、必ずアルハンブラ宮殿の入場観光はできますから安心してくださいね。それでも、出回っているツアーの購入価値の良し悪しや、オーガナイズが悪くてよい経験ができなかったり、ツアー/商品の数がたくさんありすぎてどれがいいのか分からなくなってとても悩んだりもするものです。今回の記事ではほぼ間違いなく楽しい経験・満喫アルハンブラ宮殿観光の体験が得られると筆者が判断するものだけをセレクトしてご紹介したいと思います。

 

スペインの扉お勧めの次の手4種、大研究!

 

1.日本語オーディオガイド付入場券を利用する

2.日本語ガイドによるガイディングツアーに参加する

3.日本語以外の言語によるガイディングツアーに参加する

4.アルハンブラ宮殿への入場券も付いている”CITY CARD”を購入する

 

ひとつずつメリット・デメリットを見ていきながらご紹介したいと思います。

 

1.日本語オーディオガイド付き入場券を利用する - 42€

 

これはグラナダを拠点とするGrupo Audio Strolls社がはじめたサービスで、商品名はThis is Granada。

そもそもはあまり高いお金を掛けずに、気軽に、でもガイディング付きでアンダルシアの主要都市の観光を提供するという目的でオーディオガイド付き商品を販売し始めたようです。ガイドさんのお話は面白いけれど、自分ひとりだけのために人が動いてくれるとなると・・・プライベートのガイドさんは高いなぁ。そういった消費者心理を鑑みて開発されたのがThis Is Granada。まさに隙間産業ですが、グラナダに拠点があるからこそ主催・運営が可能なサービスでもあります。

グラナダのローカルエージェントが企画・運営・販売しているので、彼らから直接購入すればよいのですが、不思議なことに、現在そのエージェントのサイトに入ると・・・オンライン販売の画面はもちろん、他の案内ページもなんだかとっても怪しい・・・。何も知らずにこのサイトに偶然辿り着いたとしても大丈夫??と不信感しか生まれてこないような状態に放置されています。

ですがアルハンブラ宮殿入場券の個人入場用の需要が高いのと、旅行会社が個人のお客様用に手配するのが困難であるという二つの(彼らにとって)おいしい要素がくっついて、このオーディオガイディングキットが他の旅行会社からも多く利用されるようになったという背景から、代理店での販売が主な販売ルートになっていったのでしょう、多分。(だからサイト管理もそのまま放置されている、というのが現状なのかなぁと想像しています。)

公式ウェブサイトはとっても怪しげですが、きちんとサービスは続いてますし、もうこのサービスが開始されてから数年は経過しています。日系の大手のツアーオペレーターをはじめ他の国の旅行会社もこのサービスの代理販売をしておられますから、サービスは確かです。

メリット

  • 日本語のオーディオガイド付き
  • 入場券も確保
  • グラナダの市内観光用にもオーディオガイドが利用できる
  • オーディオガイドは二日間利用可能
  • 指定の宮殿への入場時間を厳守するという以外は、他のツアー客にペースを併せる必要がなく、自分達のペースで観光ができる
  • 他の商品より値段も良心的

デメリット

  • オーディオガイドの日本語に微妙な違和感を感じないでもない。これはまぁ、プロのナレーターを使っているわけではないので、大目に見てもいいでしょう。
  • 自分でグラナダの指定ポイントまでキットを引き取り・返却しに行かなくてはならない。確かに、紙一枚、いや携帯があればなんでもスムーズに手続きがすむご時勢、ちょっと面倒だよな~と思われるかもしれませんが、苦労をいとわないスペインの扉のトラベラーの皆様なら、それも楽しい思い出に変えられることでしょう。
  • 入場券確保の確約には数日時間が掛かる場合がある

メリットと比較してデメリットはこれくらい。何といってもいま巷で出回っているアルハンブラ宮殿入場券付きで日本語の案内で見学できる観光商品の中では一番安いお値段なのでスペインの扉にとっては迷わず一押しの次の手です。

さて、この商品は前述の通り、現地のローカルエージェントが企画をしていますが、日本の大手旅行会社JTBヨーロッパ社さんが手続き代行。販売しています。キットの予約手配を日本語で代行してくれて、お値段はなんとたったの42€。ちょっとしたプラス@でメリットのほうが多く、余計なサービス=余計な経費も掛けられていないので誠実でかつ素直によい商品・値段だと思います。

 

日本語オーディオガイド付きアルハンブラ宮殿入場券を購入するにはここからどうぞ

 

 

2.日本語ガイドによるガイディングツアーに参加する - 98€

 

1の日本語オーディオガイドではちょっと物足りないなぁ、日本語ガイドさんが個性的に楽しく案内してくれるツアーが好き、という方には日本語ガイドによるガイディングツアーへのご参加がお勧めです。お話してきている通り、アルハンブラ宮殿はスペインに来るなら一度は行ってみたいと皆が思う人気スポット。個人旅行でもこの観光箇所だけはガイディングツアーの醍醐味を取り入れたい方を対象に色々な会社が主催・販売していますが、スペインの扉は1のオーディオガイド商品同様、余計なものが付いていないシンプルな日本語ガイドツアー(みゅうスペイン社さんが主催)するツアーがお勧めです。

メリット

  • 日本語ガイドによるガイディング付き見学だから珍しいエピソードなども聞けるかも
  • 入場券も確保
  • 宿泊ホテルからアルハンブラ宮殿までの送迎付きだから楽チン

デメリット

  • 最少催行人数が2名なので、2名未満(一人参加)の場合催行されない
  • ツアーなのでアルハンブラ宮殿内での自由行動ができない。ゆっくりじっくり写真を撮るのが好きな方には少々窮屈に感じるかも。
  • ツアーの催行状況が申し込み段階ですぐに分からない。
  • 設定日曜日が火、水、金、土曜日に限定されているので、滞在予定にはまらないと参加できない(設定日をよくご確認のうえお申し込みください)

など。日本人ガイドさんはベテランガイドさんばかり。一辺倒のオーディオガイドでは盛り上がりに欠けるけれど、宮殿に纏わるエピソードからグラナダに生活しているガイドさんならではのスペイン、グラナダについてのお話なども交えながら説明をしてくれるので、個人旅行のハイライトを盛り上げてくれること間違いなしです。

スペインの扉が勧める日本語ガイドによるガイディングツアーを購入するにはここからどうぞ

 

3.日本語以外の言語によるガイディングツアーに参加する - 48€~

 

2をご紹介した上で、同じようなサービスなのにあえて英語(またはスペイン語)ツアーをご紹介する理由は、2つ挙げられます。

1つ目は値段。2つ目は国際色豊かなツアーであること。

英語によるガイディングツアーは日本語以上に巷に出回っていますが、その中で、信用できるできないの判断はどうやってつけるのでしょう。せっかく気合を入れて申し込んだのに、サービスがいい加減だったとか、アフターフォローがまったくなくいやな思いをした。。。なんてことになったらやっぱり嫌ですよね。そういった思いはできるだけどなたにもしていただきたくないので、値段よし、サービスよし、のスペインの扉がお勧めできる英語ツアーを一つご紹介しておきます。

Official Guided tour Alhambra &Generalife

これは1994年に起業されたGranada Travel Centerという会社が主催するオフィシャルガイドが案内するガイディングツアー。創業以来、がっちりとアルハンブラ財団とグラナダのツーリズムとタックルを組んで、多くのアルハンブラ宮殿入場付きのツアーを主催・運営を続けてきています。

まずは、オフィシャルサイトをご確認ください。サイトへはこちらをクリック。

サイトはスペイン語または英語のみとなりますが、シンプルで分かりやすいデザイン。上層部に「Alhambra Tickts / Alhambra Private Tour / Itinerary / Other tours / About Us / Contact 」とあるのがご確認いただけますでしょうか?(↓写真 赤く囲った部分)

 

アルハンブラ英語ツアー

 

一つ一つクリックしていくと、値段の付いたツアーや商品の広告がされているのが分かります。今回ここでご紹介するのは一番左にある「Alhambra Tickets」というところにあるガイディングツアー。

クリックして中に入ると、真ん中に「Alhambra without transport」という商品があるのがご確認いただけますか?これがスペインの扉がお勧めするシンプルで無用なサービスがない、ガイディングツアーの商品に当たります。

 

メリット

  • オフィシャルライセンスガイドによるガイディング付き見学だから珍しいエピソードなども聞けるかも。一般にスペイン人のライセンスガイドさんの知識は専門的かつ豊富で、大変詳しく宮殿のことを説明してくれます。
  • 入場券も確保
  • 観光時間が2のガイディングツアーより1時間長く、たっぷり3時間(敷地内の観光時間のトータルで、ナサリエス宮殿を3時間見学しているわけではありません。)
  • イヤフォンガイドシステムを利用する為、ざわざわした見学箇所、部屋であってもガイドさんの説明がよく聞こえる
  • ツアー参加申し込みがウェブですぐ完結できるので、急いでいるとき、他に悩んでいる時間がないほどあせっている時に、入場券の確保が即時できるので安心
  • 観光列車乗車券の付いていないパターン(Alhambra Wihout Tranport)が完売であっても、「Alhmbra + Tourist Train」パターンのツアーが残っている可能性もすぐに見られるので大変便利

 

デメリット

  • ツアー料金が変動します。サービス日が近いのに売れ残っている日は参加フィーが安くなり、逆に人気があり高い値段であっても参加者が多いと予測される日は値段が高くなります。安い日は48€。高い日は85€する日もあります。(それでも日本語ツアーよりは多少安く見学できる可能性のほうが高いですね。)
  • ツアーなのでアルハンブラ宮殿内での自由行動ができない。ゆっくりじっくり写真を撮るのが好きな方には少々窮屈に感じるかも。
  • 申し込みから支払い・決算まで全て英語での対応

などがそれぞれあげられます。1と2の購入オプションを比較検討して、同日に、このツアーの料金を比較したときに安ければ、購入する、という方法が一番正しい利用方法だと思います。

 

4.アルハンブラ宮殿への入場券も付いているの”CITY CARD”を購入する - 37€~

 

City Cart Granada Card Tourist Card

 

このカードの存在が意外と知られていません。個人的な観点から判断すると、これが案外優れもの。グラナダをはじめ観光業に力を入れている町には観光局が主催/販売するこういった観光カードが存在していますが、グラナダのこのカード(スペイン語ではGranada Card .英語ではCity Cardと呼ばれています)はかなりのメリットがあります。もちろんこのカードの販売元はグラナダ観光局ですので、購入するにも安心感がありますね。

カードはBasicタイプとPlusタイプの2種類。PlusにはBasicに含まれているサービスに加えて交通機関の乗車回数が4回多く含まれている他、ツーリズム列車乗車券が含まれています。いわゆる観光箇所の入場券がまとまってセットになったお得なカード。カードを購入すると次の観光箇所に入場することが可能です。

アルハンブラ宮殿(ナサリエス宮殿とヘネラリフェ庭園の入場券)、大聖堂、王室礼拝堂、カルトウーハ修道院、サン・ジェロニモ修道院、科学博物館、グラナダ地方銀行美術館、サフラの家、王の部屋、サクラモンテの聖堂。

おまけに、特に今回の記事の目的である「アルハンブラ宮殿のチケットがオフィシャル販売サイトでは完売」となっているケースでは大いに確認する価値がありますよ。他の箇所は対して興味ないや・・・という場合であっても、購入検討する価値がとても高いと判断するには理由があります。

このカードを確認されている状況では、アルハンブラ入場券が希望日に完売!していたんでしたよね? オフィシャルサイトで完売している日でも、実はこのカードを購入すると見学枠が残っている、ということもあるのですから、確認・検討する価値は、3同様とても高いと思いませんか?

たとえば、この記事を書いている本日、6月26日。試しに間近に迫った見学日-6月30日の状況を比較してみることにしました。

オフィシャルサイトからの購入ページ(Ticketmaster)でチケットの検索をしてみると・・・・

 

アルハンブラ宮殿。オフィシャル販売チャンネルでは完売

 
Lo sentimos(申し訳ありません)… と赤い文字。続いて「ご希望の訪問日のチケットは現時点で購入不可能です」というアナウンスが表示されました。つまりもうこの販売チャンネルでは購入ができないことを意味しています。

同じように6月30日の見学日でGranada Card(City Card)の購入チャンネルでチャレンジしてみました。するとどうでしょう・・・!

Granada Cardを購入してアルハンブラ宮殿に入る次の手

 
あるあるある!!こんなに残っていました。

 

メリット

  • アルハンブラ宮殿に確実に入場できる上、他の見学箇所の入場券も現地で購入する必要がないのでとっても便利!
  • アルハンブラ宮殿の入場券も確保
  • ウェブ上で購入・決算が完了できるので、入場券確約の返事を待たなくてもよい
  • グラナダ市内観光の際に便利な公共交通機関(市内バス)5回分の乗車券が付いている

 

デメリット

  • ガイディングツアーではないので、どこの入場箇所でも説明がない
  • 購入プロセスは全て英語
  • デジタル商品ではないため、グラナダに到着後、購入チケットを持参して、指定のカード引き換えポイントまで取りに行かければならないという一手間あります
  • もちろん、このチャンネルでも完売している日はあります

 

City Cardの購入はこちらのサイトからどうぞ!

 

如何でしたか?4つの商品それぞれメリット・デメリットがあり特徴も詳細も異なるのがお分かりいただけたでしょうか?後はご参加になるご本人様の好みでどれで次の手を打つのかをご判断されてくださいね。このうちのどれから見学された方、よろしければ後日レポート・コメントお送りくださいね。お待ちしております。

この投稿は楽しかったですか? 気に入っていただけましたか?皆様の感想、コメントをお待ちしております。

スペインの扉はスペインファンの輪を広げるため、日本の皆さんにとってもっとスペインが近くに感じられるようなブログを目指しています。

よろしければ、FacebookのLike!やTwitterからのシェアを是非お願いします。

また日本ブログ村の応援のほうも、よろしければ以下からポチリ!でお願いいたします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ