スペインの宿泊時ピークを知って賢く旅の準備をしましょ!

by 土屋 寛子

マドリード国際会議場 IFEMA

天候は外国旅行へ出かける際にとても気になるポイント。旅行先を決めてでは何時行こうかと考える時、やはり現地の気候のよいときに行きたいなと誰もが思いますよね。でも天候だけは誰にも予測も約束もできないもの。こればかりは出発直前まで祈り続けるよりほかありません。でもお天気以外のことなら、事前に情報を集めることで回避できることがいろいろあります。

今回のスペインの扉では、何時スペインに出かけるのかを考える時にお役に立つように、スペインで開催される重要なフェリア-国際展示会や大規模なお祭りの時期について触れてみたいと思います。

 


スペインの宿泊時ピークを知って賢く旅の準備をしましょ!

スペインでは年間を通じて首都マドリードやバルセロナだけに限らず、アンダルシアでもかなりの大規模な国際会議、フェリア、イベント、祭りが毎年開催されています。スペイン内外から一定期間開催地に人が集中して、経済効果がとても期待できるだけに、各都市こういった会議やフェリアを維持するのに大変なエネルギーを注いでいます。

でも、その一方、こういった時期に滞在が重なってしまった普通の観光客には何もメリットがないばかりか、デメリットのほうが目立ちます。

デメリット:

  • 公共交通機関が非常にに混雑する。
  • タクシーが捕まりにくい。
  • 飛行機代が高くなる。
  • 宿泊費が高騰する
  • 観光ポイントがとても混雑していて入場券が取りにくい、または取れても大変な混雑の中での観光となる

など、実際のコスト面でも大きな影響を受けます。

 

筆者の運営するVitalspainでは「憧れのスペインに行きます」という旅行者の方々からご相談をよく受けます。憧れのという表現を皆さんがよく使われるので、こちらもよし!がんばってよい旅行計画を作りましょう、と思ったら、ばっちり滞在期間がフェリアや国際会議に重なっていた・・・では気の毒な気持ちになるのが避けられません。先に分かっていたら旅行期間をずらすことも可能だったのに、と。

特に皆さんが必ず降り立つ国際空港のあるバルセロナとマドリードでは大規模な国際会議、フェリアがあるので、可能な限りその時期を把握した上で旅行の計画を立てたほうが、滞在中のホテルのコストだけを見ると随分変わってくるものなのです。以下、毎年開催される大型フェリア・国際会議・お祭りなど開催により混雑する時期を都市毎に挙げてみました。

 

マドリード

1月中旬~月末 FITUR 国際ツーリズム博 

2月2週目 MOMAD METROPOLIS 国際ファッションフェア

2月中旬 ARCOMADRID  国際アートフェア

その他のマドリードの国際会議の日付を確認するにはマドリードの国際会議場IFEMAのオフィシャルページをご確認ください。

 

バルセロナ

以下の代表的な国際フェアに加え、バルセロナでは年間100近くの国際会議が開催されます。

2月末 Mobil World Congress 国際モバイルフェア

3月中旬 EHRA EUROPACE 欧州心臓学会

4月中旬 4月16~19日 ALIMENTARIA 国際食品フェア 

4月中旬 B-TRAVLE バルセロナ旅行博 

5月中旬 Formula 1 

 

これらは毎年ほぼ同じ時期に開催されている大型のイベントで、開催時は例に漏れずホテル、プレイベート送迎車の予約が困難または値段がとても高くなることが予測されるので要注意です。

バルセロナのフェリア会場-FIRAで開催されるその他のフェリアの時期を確認するには、FIRAのオフィシャルページをご確認ください。国際会議の日付を確認するには、Barcelona Convention Brueaのオフィシャルページをご確認ください。

加えて9月は旅行ハイシーズン。クルーズ船もバルセロナにやってきます。ですから9月にバルセロナへ旅行を考えている方は早めにホテルを予約しておいたほうがいいですよ!!!

Booking.Comなら予約してもキャンセル無料のホテルがたくさんあるので、滞在日や飛行機が未決定でも、滞在したいエリアにホテルだけでも先に予約をしておいて、その後旅行の詳細を詰めていくという流れにすれば被害はきっと小さくてすむはずです。

 

その他の都市の混雑時

バレンシア 

3月1日~19日 FALLAS(ファジャス/火祭り)

一番混雑するのは3月17日~19日。オフレンダ、花火大会、マスクレターと祭りの最大の見所が集中しています。

 

セビーリャ

毎年 聖週間の直後 フェリア(春祭り)

スペイン3大祭りの一つで、視覚的に大変華やか。ホテルは軒並み値段が高騰しますので、フェリアを見たい!という方は今からでも予約をしておくことがお奨めです。この時期のセビーリャは確かに華やかですが、大聖堂、アルカサールなども大行列。しかも運が悪いとこの時期はもう大変暑くなってきているので、入場券を買うために炎天下2時間待つなんてことにもなりかねませんので要注意です。

 

コルドバ

毎年 5月前半 パティオ祭り

年々国際化してきているコルドバのパティオ祭り。コルドバの旧市街は大変細い道が多く、パティオもそう大きなスペースではないことが多いので、この期間中は本当に歩行困難となる時間もあるくらいの混雑しています。個人旅行者は特に、旧市街中心の宿を抑えて出来る限り徒歩観光をしたいと思われことでしょう。この期間中も出来れば避けることができればそれに越したことはありません。

ただし、パティオの多くは祭り終了の2週間は閉めて見られないお家も多いので、祭りの大混雑は避けたいけれどパティオは見たい、という方は、開催前か、6月以降がお奨めです。開催時期は毎年5月前半頃と決まっていますが、正確な開催期間は毎年変わります。詳しくは公式ウェブサイトでご確認ください。

なお、ここに書き出していないスペイン全国の見本市、展示会、フェア情報は日本貿易振興機構(JETRO)のオフィシャルサイトにて日本語でも確認できます。

JETRO オフィシャルウェブサイトはこちらからどうぞ!

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき有難うございました。

この投稿は楽しかったですか? 気に入っていただけましたか?皆様の感想、コメントをお待ちしております。スペインの扉はスペインファンの輪を広げるため、日本の皆さんにとってもっとスペインが近くに感じられるようなブログを目指しています。

よろしければ、FacebookのLike!やTwitterからのシェアを是非お願いします。

こちらの記事もどうぞ!

スペインの世界遺産都市トレドと旧市街までの行き方

スペインの世界遺産都市トレドと旧市街までの行き方

トレドは歴史の重みとその美しさから昔から大人気の観光地ではあったのですが、ここ近年で本当にずいぶんと観光客を意識した街に変わって来ました。数年前にはマドリードから直通の特急列車も走っているので、文字通りトレドへ日帰りで行く気軽さが倍増したと言えます。   トレドへの行き方   では、首都マドリードからはバスと電車を使う2つの行き方をそれぞれを見てみましょう。     トレドへの行き方 ~バス編~  ...

セビーリャの春祭り 来年はいつ?

セビーリャの春祭り 来年はいつ?

セビーリャの春祭りはキリスト教の国-スペインのお祭の中でも珍しく一切宗教色がないのもひとつの特徴です。宗教に関係なく純粋に“生きていることの喜び。それを分かち合って祝う”お祭りなのです。この期間中セビーリャ市の活動と市民の生活の一部がフェリア会場で繰り広げられるので、ある意味セビーリャの町としての機能が一時的に中断されるとも言われています。

スペインの地理的条件と気候 基礎知識

スペインの地理的条件と気候 基礎知識

スペインって暑いの寒いの?一年中温かい?コスタ・デル・ソルって聞いたことあるけど、海岸が多い国よね?といった、何となく皆さんが持たれているスペインのイメージを、スペインの地理的条件と気候の関係から、データと実際に役に立つ情報、筆者の個人的体験や意見、印象も取り混ぜながらわかりやすくまとめています。

0コメント

Pin It on Pinterest

Shares
Share This