もしも、皆さんが外国の方から「一日だけ観光する時間が取れそうなんだけれど、一番日本らしいところ、またはあなたのお勧めの場所を教えていただけませんか。」と訪ねられたらどこをお勧めしますか?
京都、奈良、鎌倉、倉敷、金沢など、それぞれ外国人からすると「Oh!This is Japan!」と感嘆がこぼれる美しく魅力的な都市。個人的な思い入れが絡んで、ある人は京都、ある人は奈良、と違う都市をお勧めするかもしれませんね。
スペインの場合、同じ質問をされたら現地スペイン人、そして訪れた外国人が口を揃えて勧める街、それが古都-トレドなのです。今回はスペインの扉流で、トレドの魅力に少しだけ近づいてみたいと思います。

 

トラベラーにお勧めしたいトレド観光計画

日本で旅行代理店に訪ねて行って、スペインに旅行へ行きたいのですが相談しても、きっと勧めてはくれない、でももしも読者の皆様がスペインの扉と同じトラベラーなら、スペインの扉から太文字でお勧めしたいことがあります。

トレドに行くなら是非、宿泊/滞在プランで計画を。

 

トレドのパラドールのカフェテラスからの展望。おそらく現在旅行者がアクセスできる場所で、旧市街を望む場所で一番の高地。

トレドのパラドールのカフェテラスからの展望。おそらく現在旅行者がアクセスできて旧市街を望む場所で一番高い撮影ポイントです。右手、4つの尖塔があるのがアルカサール。中央の高い尖塔のあるのが大聖堂、その左がサン・フアン・デ・ロス・レジェス修道院。直線だと7-8分ぐらいの距離にある位置関係ですが、実際はその3倍の時間がかかります。

 

これまでにスペインのあちこちを訪問してきましたが、トレドほど日本人が心の底から楽しめて魅了される街はないと思っています。はい、大好きです。(個人的な好みが大きく左右するということは先にコメントしておきますね。)

スペインの扉は“団体ツアーに参加する”より、“旅を愛する人”にスペインをより深く知ってもらってもっと好きになってもらいたい、そういった視点からいつも記事を書くように心がけています。そして出会い、驚き、冒険、体験、発見、こういったわくわくする気持ちが沸いてこないと旅とは言い切れない、いつもそう感じてもいます。日常生活では体験できないそういった感情を体に充満させるためには、”よし、どんな旅になるかはわからないけれど冒険をしてみよう、その先で出会う偶然は全部楽しんでみよう”、という気持ちがきっと欠かせませんよね。その姿勢がスペインの扉流トラベラーの心得です。そしてトレドという街はそんな冒険やロマンを愛するトラベラーを120%満足させてくれる場所なのです。

 

トレドの迷路のような休止外の路地。車一台がぎりぎりの細い道を車が前後から走ってくることもあれば、人が3人並ぶのがやっとというくらい細い道がくねくねと走っている旧市街。こんな街で迷うことが楽しくないわけがないでしょう!?

迷路のような旧市街の路地。この光と影こそトレドの歴史の象徴・・・ そう思った瞬間、自分が歴史のうねりに身を置く一人の登場人物のような錯覚を起こす、それほどひっそりしたT路地。

 

宿泊を選んでよかったと、きっと思わせてくれる旧市街

旧市街は多くの書物で語られているように文字通りの迷路-。

車一台が何度もハンドルを切り返しながらやっと通れるような細い道。そのような細い道を2台の車が前後から走ってくることもあります。人が3人並ぶのがやっとというくらい細い道のくねくねと続く先は行き止まり、または建物の入り口にぶつかって先に進めないなんてこともよくあります。こんなちょっと意地悪な道に出遭ったり、この角を曲がったらどこに出るんだろう、すぐにその先が見渡せない緊張感を感じる街角の多い街、それがトレドの旧市街です。

 

トレドの路地。車がぎりぎり通れる道幅が普通なんです。

トレドの路地。車がぎりぎり通れる道幅が普通です。でも驚くことに一方通行の道は少ないようです。

 

旧市街がこんなに複雑なのは城塞都市ならではの知恵で、外敵が簡単に目指す場所に辿り着けない、または抜け出せないようにしてある仕掛けなのです。だからトレドの街歩きには地図が手離せません。でも地図を持ってうろうろするなんて、スリに狙われやすいと思われるかもしれませんね。

観光都市なので泥棒、スリがまったくいないとは断言できませんが、でも大丈夫。最低限の注意を払っていれば(前後に気を払いながら歩くとか、鞄はファスナーをきっちりと前に持ってくる様に掴みもちをしているとか、手荷物は絶対に手放さないとか・・・)安全に楽しく街歩きが楽しめるところなのです。

 

ソコドベール広場へ続く道の途中途中に小さい広場、広場、広場。その多くにカフェやレストランがテーブルを並べています。どこも大変な賑わい。

旧市街の中心-ソコドベール広場へ続く道の途中途中に小さい広場、広場また広場。その多くにカフェやレストランがテーブルを並べています。

 

宿泊をお勧めしたい理由

常々思うのですが、旅をしながら道に迷わないわけがない、ですよね?(筆者が特別に方向音痴ということもありますが。)逆に普段の生活範囲内で迷うことも、ありませんよね。つまり、迷う=非日常の大冒険=旅の醍醐味ではないでしょうか。それがトレドの宿泊をお勧めしたい理由です。世界遺産の大迷宮で思う存分迷うためには宿泊するのがきっと一番正しい選択です。本当に時間に余裕があったら旅行では2泊ぐらい、あるいはスペイン語の留学先として長期滞在もお勧めしたいですね。

 

ある旧家の庭から遠方に見えるトレドの旧市街の景色。

ある旧家の庭から遠方に見えるトレドの旧市街の景色。

 

トレド初心者豆知識

今回の記事の中でトレドの歴史や街の成り立ちの背景を詳しく書くことは目的にはしていないのでそれに関しては触れませんが、トレドについてちょっとだけ先にお勉強しておきたいという方用に、トレドの公式観光サイトをご紹介しておきますね。少しだけおぼつかない印象はぬぐえませんが、(きっちりわかる)日本語で比較的詳しくトレドの街について案内がされています。

トレド公式観光局サイトはこちら

 

大聖堂前-市役所前広場。

大聖堂前-市役所前広場。

 

今日も最後まで読んでいただき有難うございました。

この投稿は楽しかったですか? 気に入っていただけましたか?皆様の感想、コメントをお待ちしております。

スペインの扉はスペインファンの輪を広げるため、日本の皆さんにとってもっとスペインが近くに感じられるような

空間を目指しています。

よろしければ、FacebookTwitterからのシェアを是非お願いします。

日本ブログ村の応援のほうも、よろしければ以下かポチリでお願いいたします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村