3月も最終週を迎え、いよいよスペインも夏時間になりました。太陽の国、スペイン。日照時間が長くなるのでこれからスペインを旅行するには最高の数ヶ月となっていきます。

一般的にスペイン人が宵っ張りであるのはきっと日照時間が長いところに原因があると思っていますが、そんな長い一日をどうやって過ごしましょう?そうだ!友人と、家族と一緒にビールとタパスタイムをしましょう。という感じで、スペイン人は食を中心に集うのが大好き。人気のタパスバルにはもしかすると外国人は入りにくいかも知れないけれど、グルメマーケットなら誰もが気軽に、スペイン人と混ざってタパスやピンチョスを楽しめます。今回のスペインの扉ではスペイン主要都市にあるグルメマーケット情報をまとめました。さぁ、行ってみましょう。

 

*** マドリード ***

Mercado de San Ildefonso (メルカド デ サン イルデフォンソ)

公式サイト: http://www.mercadodesanildefonso.com/

ワインが好きでいろいろな味をスペイン旅行中に楽しんで帰りたいなら、是非!Mercado de San IldefonsoのVinotecaへ。スペイン全国の有名なワイナリーのワインがグラスで楽しめます。ここで扱っている サングリアも抜群においしいので、特にお酒が得意でない女性は要注意。ついつい飲んでしまいます・・・。

ワインが好きでいろいろな味をスペイン旅行中に楽しんで帰りたいなら、是非!Mercado de San IldefonsoのVinotecaへ。スペイン全国の有名なワイナリーのワインがグラスで楽しめます。ここで扱っているサングリアも抜群においしいので、特にお酒が得意でない女性は要注意。ついつい飲んでしまいます・・・。

 

Mercado de San Miguel (メルカド デ サン ミゲル)

公式サイト: http://www.mercadodesanmiguel.es/

スペイン全国に広がったモダングルメマーケットブームのパイオニア的存在。マヨール広場至近という立地なので気軽にぶらりと一杯、なんていう計画があってないような立ち寄り方ができるのもいいですね。

 

観光をたっぷりしてものすごく疲れているときより、元気ある午前中のお昼前とかにお出かけください。理由は、テーブル席が少ないからです。

観光をたっぷりしてものすごく疲れているときより、元気のまだあるときか休憩を取った後にお出かけください。理由は、テーブル席が少ないから。基本立ち食いを覚悟で。

 

Platea (プラテア)

公式サイト: http://plateamadrid.com/

ヨーロッパ最大のガストロノミーとエンターテーメントの融合施設。14時以降、20時以降は大変な混雑なので、昼間は13時までに、夜は19時前までに立ち寄るのがお奨めです。

プラテアに関する詳細はスペインの扉の過去の記事をご参照くださいね。こちら

 

*** トレド ***

Mercado de San Agustin (メルカド デ サン アグスティン)

公式サイト: http://mercadodesanagustin.com/mercado-san-agustin

この歴史ある街にこのアーバン度がとてもかっこいいメルカド。地元の人で週末は特に大混雑。内部にはペルーx日本食の創作料理屋も別途あって、ちょっとアジアンな味が恋しくなったら。ここのお奨めはセビーチェ。

Mercado San Agustin Toledo トレド 旧市街

Mercado San Agustin Toledo トレド 旧市街

 

*** コルドバ ***

Mercado Victoria  メルカド ビクトリア 

公式サイト: http://mercadovictoria.com/

旧市街からはすこし離れていますがRenfeの駅からは近いので、たとえばコルドバにAVEでお昼前後に到着して、まずは腹ごしらえ、なんていう方は是非こちらに。広い敷地にはテーブル席も多く取られているのがこのメルカドの特徴で、ゆっくり落ち着いて食べられるのがいい。コルドバらしくサルモレホ専門店があるので、是非お気に入りのサルモレホを見つけてくださいね。スペインの扉のお奨めはアボガドのサルモレホです。コルドバでしかこんなに楽しいトッピングやトマト以外のサルモレホは見つけられないと思います。一度サルモレホに出会ってしまったら・・・ガスパッチョはもう物足りなくなるかも?!

こんなに楽しいトッピングが!本当は全部試したいほどのサルモレッホ好きな筆者ですが、2種類ぐらいと控えめに。お気に入りはやっぱりクラシックなトマトオンリーとアボガドフレーバー。

こんなに楽しいトッピングが!本当は全部試したいほどのサルモレホ好きな筆者ですが、2種類ぐらいと控えめに。お気に入りはやっぱりクラシックなトマトオンリーとアボガドフレーバー。

 

Los Patios de la Marquesa (ロス パティオス デ ラ マルケサ)

公式サイト: http://lospatiosdelamarquesa.com/

こちらはいかにもアンダルシアらしく、旧個人邸宅を改装してグルメフードコートに生まれ変わったユニークなスペース。旧市街にあるコルドバの観光と集いのスポットとして、ツーリストに限らず地元の人でいつも賑わっています。名前にある通り中にパティオがあり、それぞれのスペースの区切りかたも面白いので、冷やかしでもいいからぐるりと一周してみてください。ちょっとしたお土産屋さんもあるので楽しいですよ。スペインの扉の一押しは土曜の夜。フラメンコライブショーが無料であるので、タパスとともにフラメンコも楽しめちゃう!スペイン旅行ならではのプランでしょ。

 

*** セビージャ ***
Mercado La Ronja de Barranco (メルカド ラ ロンハ デ バランコ)

公式サイト:http://www.mercadolonjadelbarranco.com/es/inicio/

マエストランサ闘牛場の近く。19世紀後半、ギュスターヴ・エッフェルのデザインによって作られたLA LONJAが改修されこうして市民のための憩いの場として生まれ変わりました。1200㎡の広い敷地は20店舗以上のレストラン・バルが店を構えています。建物を見学しに行くだけでも大きな価値があります。

広々した店内はカジュアル。

 

Mercado Encarnación メルカド エンカルナシオン

公式サイト: http://www.setasdesevilla.com/mercado-encarnacion/

こちらは、前述のアーバングルメポート、メルカドとはことなり、あくまでも市民の台所としての市場。でもご紹介しようとと思ったのは、この市場の入ってる建物が特筆に値するから。まだまだあまり知られていませんが、Metropol Parasol(通称Setas-きのこ)はセヴィージャの新スポットで、間違いなく大聖堂、ヒラルダの塔、黄金の塔と同じくらい奇抜で目立つ存在なのです。ゆっくりセビーリャで一日観光する時間があるという方は歴史探訪を楽しんだらこちらにも足を運んでください。メガフォトポイントです。パラソルの内部にはいくつかのファーストフードのお店がありますが、まぁ・・・食事は別のところでとったほうが賢明かもしれません。スペインの扉流冒険好きな旅行者には是非ともディナーの後のビールやワインの一杯を楽しみにお出かけされることをお奨めします。

メトロポール・パラソル展望台の夕暮れ。

メトロポール・パラソル展望台の夕暮れ。

 

*** マラガ ***
Mercado Merced(メルカド メルセー)

公式サイト: http://www.mercadomerced.com/

マラゲーニョ(マラガの人)によるマラゲーニョのための食文化スペース。市民の憩いの場、集いの場、食について知識を深める場、食を囲んで交流を深める場として生まれた総合テーマ設備とでも呼びましょうか。グローバル、インターナショナルな流れに逆らうようなスローガンを抱えているから余計にじゃあ見てやろうじゃないかという気になります。おもしろいな、と思ったお店は“Brochetería”。Brochetaとは串のことで、そう、串に刺したお料理専門店。日本人ならきっとみんな、「あ、日本の串焼きに似ているね。」って思うでしょうね。串の材料名がわからないかもしれないけれど、そこは旅の冒険、楽しみの一つ。少なくともスペインでは蟻とかカエルとか、変なものはあまり食べないですし、こういったしゃれたところではアジアの屋台のようなゲテ物は並んでいないので目で引かれるものを試して見ましょう!きっと日本でおなじみの食材でもへぇ、と思う味やコンビネーションがあるはずです。

Mercado_merced_brocheteria_stick_2

 

*** バルセロナ ***
El National (エル ナショナル) 

公式サイト: http://www.elnacionalbcn.com/

バルセロナ市内にはお奨めしたいメルカドはボケリアをはじめいくつかありますが、今回は一番お奨めのグルメスペースを。これまで紹介してきたグルメコートはレストランというよりメルカド=市場という言葉のコンセプトを尊重したスペース作りで、それぞれのお店が店の自慢を量り売りする、というようなコンセプトが見え隠れしています。一方のこのエル ナショナルは、空間を数件の異なるレストラン、バルが共有するという点では同じですが、こちらはその規模が大きくなって、小さなお店をたくさん入れる代わりに、ブラッセリー、軽食、ビールとコンセルバ(conservaとは缶や瓶など保存食全般を示します。つまり火を入れなくてもつまみとして出せるものをつまみにおいているお店ということになります。)、タパスバー、魚介スペース、肉料理、オイスターバー、カクテルバーという風にテーマごとにスペースを分けてしまっています。なんといってもバルセロナはスペインのデザインの首都。その目抜き通りのグラシア通りに隠れるようにしてあるエル ナショナルはうなるほどに美しくかっこいいスペース。ご自信の好みと目的に合わせた過ごし方を見つけてくださいね。

El_Nacional

 

今日も最後まで読んでいただき有難うございました。

この投稿は楽しかったですか? 気に入っていただけましたか?皆様の感想、コメントをお待ちしております。

スペインの扉はスペインファンの輪を広げるため、日本の皆さんにとってもっとスペインが近くに感じられるような

空間を目指しています。

よろしければ、FacebookTwitterからのシェアを是非お願いします。

日本ブログ村の応援のほうも、よろしければ以下かポチリでお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ

にほんブログ村