音楽でスペイン語を上達!今月のアーティスト♪ Luar Na Lubre

by 土屋 寛子

【音楽でスペイン語を上達!】

今月のアーティスト : Luar Na Lubre

お勧めの一曲   : Tu gitana

 

梅雨の合間に感じるしっとりとした大地と空気。すこしやさしい気持ちにさせてくれる、しとしとした雨の日・・・。そんな日にぴったりのアーティストをご紹介します。

 

1986年にラ・コルーニャ(ガリシア)で結成されたフォークミュージックのグループ。

ガリシアを代表するアーティストで、ガリシア地方特有文化-ケルト文化がミックスされた音は、ボーカリスト。、パウラのやさしく包み込むような歌声と、上から下にしっとりと流れて落ちるよう水滴のようなガリシア語(ガジェゴ)の響きがなんとも心地よく、歌詞がたとえわからなくても聞く人の心に滲み入る・・・。

主張しすぎず誰にでも寄り添うような音なのに、いつどこで誰と聞いても、ガリシアの湿潤な緑の大地や苔むした石堂、教会の壁や屋根を目の裏に届けてくれる個性的な音を聞いていたら、心はまっ すぐガリシアへ。

今日は中でもスペインの扉のお気に入りの一曲「tu gitana /トゥ ヒターナ」を選んでみました。

バグパイプ(スペイン語ではガイタ)、ハープ、パウラの歌声とコーラス、すべての伴奏楽器との
融合は彼らのマスターピースだと個人的には思っています。

 

 

こちらの記事もどうぞ!

スペインの世界遺産都市トレドと旧市街までの行き方

スペインの世界遺産都市トレドと旧市街までの行き方

トレドは歴史の重みとその美しさから昔から大人気の観光地ではあったのですが、ここ近年で本当にずいぶんと観光客を意識した街に変わって来ました。数年前にはマドリードから直通の特急列車も走っているので、文字通りトレドへ日帰りで行く気軽さが倍増したと言えます。   トレドへの行き方   では、首都マドリードからはバスと電車を使う2つの行き方をそれぞれを見てみましょう。     トレドへの行き方 ~バス編~  ...

セビーリャの春祭り 来年はいつ?

セビーリャの春祭り 来年はいつ?

セビーリャの春祭りはキリスト教の国-スペインのお祭の中でも珍しく一切宗教色がないのもひとつの特徴です。宗教に関係なく純粋に“生きていることの喜び。それを分かち合って祝う”お祭りなのです。この期間中セビーリャ市の活動と市民の生活の一部がフェリア会場で繰り広げられるので、ある意味セビーリャの町としての機能が一時的に中断されるとも言われています。

スペインの地理的条件と気候 基礎知識

スペインの地理的条件と気候 基礎知識

スペインって暑いの寒いの?一年中温かい?コスタ・デル・ソルって聞いたことあるけど、海岸が多い国よね?といった、何となく皆さんが持たれているスペインのイメージを、スペインの地理的条件と気候の関係から、データと実際に役に立つ情報、筆者の個人的体験や意見、印象も取り混ぜながらわかりやすくまとめています。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Pin It on Pinterest

Shares
Share This