音楽でスペイン語を上達!今月のアーティスト♪ MISS CAFFEINA

by 土屋 寛子

スペイン語の音楽をスペイン語を勉強している人達には勉強の1つの手段として。スペイン語の音をまったく知らない人達にはスペイン語の音楽をもっと知ってもらって好きになって貰いたい。そんな趣旨でジャンル様々なアーティストをご紹介していっています。

今月の、というよりスペインの扉にはとっては今年の一曲になりそうなくらいはまってしまいました。最高にポップでそして勇気と元気がもらえる一曲をご紹介♪

お勧めアーティスト:MISS CAFFEINA(ミス・カフェイナ)

 

構成メンバー:4人

Alberto Jiménez (アルベルト・ヒメネス/ボーカル)

Sergio Sastre (セルヒオ・サストゥレ / キーボード、ギアー、シンセサイザー)

Álvaro Navarro (アルバロ・ナバロ / ギター)

Antonio Poza (アントニオ・ポサ / ベース)

 

誰にでも人生で一度はとても勇気のいる決断をしなくてはいけない時があるかも。

そんな時、自分の中の声を聞き続ける勇気を持ち続ける事ってとても難しいかもしれないと思います。実際筆者自身でも自分の心の声、挑戦してみたいという思いに耳を傾け、自分を励ますことには途轍もない勇気がいる時がたくさんありました。その難しさ、よくわかります。

でもそんな時にこんなにかる~く「負けるな、あきらめるな、前に進み続けるんだ。その勇気さえあれば心の錘が外れて軽く、飛んで行ける」と歌ってくれたら数分だけでも元気
になる。そんな軽さが気に入っています。

導入部分のリズムの取り方や鍵盤の音は80年代後半~901年代初頭のブリティッシュ・ポップ・ロックを少しだけ髣髴させる感がありますが、いざボーカルが始まると、「あぁ、紛れもなくイベリアンポップ。」と、最初にこの歌を聞いた時に思って苦笑。スペイン人のボーカルって本当に独特というか、言語って喉の筋肉、声の質にまで影響を与えるんですねぇ。

スペイン語の歌詞

 

Para los cuerpos que ven desvanecerse el tiempo escapándose,
Resbalando entre los dedos.
Para las almas que ahora viajan más ligero,
que han soltado lastre y que saben también…

Que hay una voz, hay una voz dentro y
Dice que no, dice que “lo siento”.
Dice que no se rinde, que hagan sus apuestas,
que sigue el juego…

Dice que me niego a venderte mi ilusión,
Que no le tengo miedo al miedo.
Sin ese peso ya no hay gravedad,
Sin gravedad ya no hay anzuelo.

Y mira cómo floto, mira cómo vuelo,
mira cómo floto y mira cómo vuelo,
mira cómo avanzo, valiente, dejándolo todo atrás.

Y parece que la vida quiera hacer del paso del tiempo
una guillotina, una trituradora de sueños.

Y de cada año una declaración de rendición sin condiciones,
bandera blanca a su ejército de zombis.

Pero hay una voz, hay una voz dentro y
Dice que no, dice que “lo siento”.
Dice que no se rinde, que hagan sus apuestas,
que sigue el juego…

Dice que me niego a venderte mi ilusión,
Que no le tengo miedo al miedo.
Sin ese peso ya no hay gravedad,
Sin gravedad ya no hay anzuelo.

Y mira cómo floto, mira cómo vuelo,
Mira cómo floto y mira cómo vuelo,
Mira cómo avanzo, valiente, dejándolo todo atrás.

Mira como floto, mira como vuelo
Mira como floto y mira como vuelo,
mMra como avanzo, valiente,
Dejándolo todo atrás.

スペイン語のキーフレーズ

 

使ってみたいキーフレーズ:mira cómo floto

                                            (ミラ コモ フロト)

意味          :ほらみて、こんな風に浮かんでいるんだよ

このフレーズには主語と動詞が2種類ずつあるのがお分かりですね。

動詞1=mira (不定詞=mirar)

動詞2=floto(不定詞=flotar)

動詞1の主語は表れていませんが、動詞は直接法現在の2人称単数形の命令法です。ですから「見て!見なさい」という意味です。

動詞2は直接法現在の1人称単数形です。flotarは「浮かぶ」という意味なので「私は浮かぶ」という意味です。

 

【応用編】

例文① Mirá cómo dibujo.

例文② Escucha cómo cantan.

例文①は 「ねえ、(私が)絵を描くのを見て!」

例文②は 「ほら、(彼らが)歌うのを聞きなさい。」

となります。

こちらの記事もどうぞ!

スペインの世界遺産都市トレドと旧市街までの行き方

スペインの世界遺産都市トレドと旧市街までの行き方

トレドは歴史の重みとその美しさから昔から大人気の観光地ではあったのですが、ここ近年で本当にずいぶんと観光客を意識した街に変わって来ました。数年前にはマドリードから直通の特急列車も走っているので、文字通りトレドへ日帰りで行く気軽さが倍増したと言えます。   トレドへの行き方   では、首都マドリードからはバスと電車を使う2つの行き方をそれぞれを見てみましょう。     トレドへの行き方 ~バス編~  ...

セビーリャの春祭り 来年はいつ?

セビーリャの春祭り 来年はいつ?

セビーリャの春祭りはキリスト教の国-スペインのお祭の中でも珍しく一切宗教色がないのもひとつの特徴です。宗教に関係なく純粋に“生きていることの喜び。それを分かち合って祝う”お祭りなのです。この期間中セビーリャ市の活動と市民の生活の一部がフェリア会場で繰り広げられるので、ある意味セビーリャの町としての機能が一時的に中断されるとも言われています。

スペインの地理的条件と気候 基礎知識

スペインの地理的条件と気候 基礎知識

スペインって暑いの寒いの?一年中温かい?コスタ・デル・ソルって聞いたことあるけど、海岸が多い国よね?といった、何となく皆さんが持たれているスペインのイメージを、スペインの地理的条件と気候の関係から、データと実際に役に立つ情報、筆者の個人的体験や意見、印象も取り混ぜながらわかりやすくまとめています。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Pin It on Pinterest

Shares
Share This